banner

最近の投稿

会社設立の最安値について

会社設立の最安値について

会社設立という行為は、何かしらの事業を行っている人や、これから行おうとしている人にとっては非常に特別で重要なものです。会社設立は設立予定の地域を管轄する法務局に必要書類を提出して、それが受理されるという書類上の手続きではありますが、現実的に相応の資金が手数料として必要になってくるのです。これから事業を行おうとしている人にとってはその資金は必要経費として認識されるのかもしれませんが、そうではない層にとっては負担です。世の中には必要に迫られて会社設立を目指さなければならないというケースもあるのです。

このように、必要に迫られて会社設立を行うケースとしては既に個人事業を行っている場合などが考えられます。個人事業を行って大きな利益を上げていると、ある段階からは法人化した方がメリットが大きくなってくるのです。例えば収入から自分の取り分を確保する場合、会社設立していれば給与該当分の金額は経費として収入から差し引くことが出来るのです。結果として税金の額が減るという結果になります。この様な段階で会社設立を目指すケースもあります。
次のステップとしては年間の収入が1000万円を超えた場合が考えられます。年間の収入が1000万円を超えると、消費税の納付義務が発生します。2014年現在では8%の消費税がかかりますのでその負担は極めて大きなものになります。この様な状況で会社設立をするというのは実は非常に大きな意味を持ってきます。会社を新規で設立した場合、二年間は消費税の農芸義務が免除されるのです。そのため成長過程にある状態で免税を受けることが出来る為、会社設立をする大きなメリットが存在しているのです。

これらの事情により必要に迫られて会社設立を考える場合、会社を設立する費用が最も安くなる方法というものを検討することになります。現在の法制度では、この条件に合致する会社の形は合同会社となります。最も設立件数の多い株式会社に比べて設立費用が安く済むのに加え、株式会社で義務付けられるような各種の手続きが不要となっているのがメリットである会社の形です。現状会社設立の最安値に位置しているのは合同会社なのです。この会社は個人事業主や家族経営の様なスモールビジネスにあった会社の形を提案しています。免税や税制上のメリットを得るために会社を設立するという事実が必要になる層が、最安値での設立を求めている場合に最適な会社の形なのです。

健康保険の必要性

会社設立,健康保険

会社設立し事業をはじめると従業員を雇う事になりますが、従業員を雇うという事は、従業員の健康保険を支払う必要があります。
社会保険と労働の保険とがあり、社会保険は取締役などの役員でも加入しなければならず、労働の保険は従業員に対しての保険なので、従業員を雇っている状況であれば労働保険には加入しなければなりません。
社会保険の健康保険と厚生年金の保険は強制加入なので、一人で会社を設立し、従業員がいない状態でも、加入しなければなりません。
社会保険は複雑で知らなければならない事が多いのでまずは税理士などの専門家に相談するのがミスする事もなく行えます。
社会保険に加入するには対象となる人を雇う時に、年金事務所に社会保険に加入する事になった人の書類を持っていき届出る事により、届け出が終わります。
会社の社会保険に加入するには、正社員の四分の三の勤務する必要がありますので、年間の給料の130万円未満の給料であれば配偶者の扶養に入ることがでできますので、パートなどで働いている人で130万円未満であれば扶養に入る事も一つの方法です。
保険料は会社と従業員が半分ずつ出すことになっており、従業員の口座からではなく会社の口座から支払う事になっています。
等級に保険料の率をかけて金額を算出する事になっており、介護保険に該当をしない場合は、健康保険と通勤費を足した数字に82をかけて1000で割る事により健康の保険料が算出され、給料の金額に通勤費用を足し、そこに153.5をかけて、1000を割る事により厚生年金の保険料が算出されます。
従業員が労働中に怪我などをした場合は、労働災害補償保険法という法律に基づいて給付を行う制度があり、会社などが治療費を支払う必要があり、障害が残れば障害の年金や、遺族年金を受け取るような人がいない場合は、一時金をを支払う必要があり、死亡した場合は、遺族年金や一時金、葬祭を行う場合は葬祭費用もを支払う必要があります。
社会保険は2、5日に加入した場合でも、1日に加入した場合でも1か月分の保険料を支払う必要があります。
会社設立をし利益を出せていない企業や利益が少ないような企業、中小企業の場合は健康保険や厚生年金などの保険料が事業を行っていくうえで大きな負担になりますが、従業員などが生活していくうえで大切なものなので必ず加入しましょう。
これから会社設立をしようとしている方は、このような費用の負担もあるという事を知ったうえで会社設立をする必要があるでしょう。

Copyright(c) 2014 会社設立費用を低予算で実現するために必要なことAll Rights Reserved.