banner

設立のためにかかる費用

株式会社設立,費用

株式会社は、そこで働く人と株主、そして取引先のある複雑な会社組織ですから、公正な運営を行うためには規則をきちんと定めておくことが必要となります。株式会社の中で最も重要な規則が定款です。株式会社設立の段階でこれを作成しなければなりません。株式会社設立をするときには、定款はただ作成すれば良いというものではなくて、認証の手続きを経なければなりません。法的な問題がないかどうかをチェックするとともに、公証人が第三者としての立場から作成されたことを確認してくれます。

定款には収入印紙を貼らなければなりませんが、この金額は4万円です。電子定款を作成するときには不要ですから、安くしたいというのなら電子定款を作成するか、あるいは専門業者に電子定款の作成を依頼するのが良いでしょう。認証の手続きを受けるときには定款の認証手数料という費用がかかります。この金額は5万円と定められています。

そして、定款の謄本を作ってもらうことが必要となります。この手数料は、認証してもらう定款のボリュームによって異なりますが、だいたい1,000円から2,000円くらいだと考えておいて良いでしょう。

定款の認証の手続きを経て、次は登記申請を行うことが必要となります。登記申請を行うときには登録免許税を支払うことが必要となります。この登録免許税の金額についてですが、株式会社設立の投機の場合には、資本金の1,000分の7となっていて、最低金額が15万円と定められています。まず資本金の1,000分の7を計算し、それが15万円以上であればその金額が税額となり、15万円に満たない場合には15万円が税額となります。

株式会社設立が完了すれば経営を続けていかなければなりませんが、そのためには運転資金が必要となってきます。当初の運転資金として資本金を準備することが必要となります。資本金の金額は、法律でいくら以上と定められているわけではありませんから、お金がなければ安くすることができないわけではありません。

しかし、資本金の金額が非常識なほど安いと怪しい会社と見なされてしまうこともあります。例えば、資本金が10円の会社と取引したいとは思わないでしょう。ですから、200万円から300万円くらいは準備しておくべきでしょう。また、当初の運転資金として準備しておかなければなりませんから、例えば最初の何ヶ月間は入金がなくても資金繰りに困らないくらいの金額を目安にするのも良いです。

Copyright(c) 2014 会社設立費用を低予算で実現するために必要なことAll Rights Reserved.